お客様の声

HOME > お客様の声 > 津市 N様

  • 子供を育てやすい家、というのが大きなテーマ
  • 津市 N様

N様は、県内各地へ転勤の可能性があるお仕事をされています。 まずは土地をどこで見つけるか、そこからの家づくりでした。
土地は未定だったのですが、色々な完成見学会へも今後の家づくりの参考にと足を運んでおられたそうです。その中のひとつにBOSCOの「地熱住宅見学会」も含まれていました。

その当時は四日市にお住まいでしたが、津への転勤が決まりました。今後異動がないとは言い切れないとの事でしたが、決断をされ県都「津」で土地を探すことになりました。それに並行し家づくりのパートナーである建築会社も真剣に考え始められました。

私たちBOSCOへ最初に相談にお越し頂いた時は、まだ依頼先を絞れ切れず悩んでもおられました。ただ、包み隠さず「今どういう事で悩んでいて、どのような家造りをしたいのか」率直にお話して頂きました。

否定されなかったんですよ。
ボスコさんは私たちのしたいこと、とにかくまず聞き入れてくれたんです。
『おもしろいですね、やってみましょうよ。』といつも前向きに熱心に聞いてくれました。

私たちの考え・ボスコさんの考え、何回も何回も話させていただきました。
一から考える楽しさ、家づくりに参加しているという感覚をいつも持てていました。

N様は勉強熱心なお施主様でした。読書好きなご夫婦、いろいろな家づくりに関する本も読まれてみえました。 施工側の私たちにとってもいつも新鮮な打ち合わせでした。

奥様のマル秘「家づくりノート」は、雑誌の切り抜き・本の誌面コピーから手描きのスケッチや、ちょっとしたメモまで、情報を集約したとっても素敵なオリジナルノート。 打ち合わせ時にも、何を望まれているのかという事が理解しやすく大活躍でした。

N様邸では、初めて試みた素材・工法などもありました。新しい経験、知識を与えて下さったことに感謝しております。

子供を育てやすい家、というのが大きなテーマのひとつでした。 間取りに関しては悩みました。何度も図面を修正してもらいましたよね。

外で遊んで汚れて帰ってきた子供たちは、内玄関を通って直接脱衣所に行ける導線、それは帰ったらまず手洗いとうがいをするということ。

学校用の収納、遊びの収納、衣服等の収納など用途に分けた収納スペースが欲しい。 家族のコミュニケーションが自然と図れる間取りの工夫を提案して欲しい。 造り付けの家具。手づくりのドア。自然素材を用いて家づくりを行いたい。などなど。

叶えてほしいことが本当に、いっぱいありました。

N様邸では、職人たちによる手づくりの仕上げばかりです。 外壁は土佐漆喰、内部は床・建具・家具を杉で統一しました。 N様邸のために1つ1つオリジナルで造ったものばかりです。

それと、ダイニングテーブルもこだわりの一つです。
N様邸の「顔」として、いつも家族が「顔」を合わす場所。 ダイニングテーブルは、一枚物の無垢材でつくりたかった。 キッチン前に作るカウンターからテーブルまで通しの一枚にこだわりました。木材市場に出掛け、何枚も何枚も材木を見て、4m超の木目・色の美しい「ウォルナット」に出会いました。

あと忘れられないのは、奥様手づくりのステンドグラス。
ドアにはめるガラスから、リビング照明のシェードまで
こつこつ造って頂きました。どれも温かみのある素晴らしい仕上がりです。


木に囲まれてとても落ち着きます。杉のフロアは冬場でも優しい暖かさがありました。 柔らかい分、想像どおり生活キズは付いていきますね。 育ち盛りの子供たちとは相性悪いかもですね(笑)

また、カウンターと一体のキッチンは家族集いの場として良い空間です。中庭に作ってもらったウッドデッキも子供たちお気に入りの場所となりました。

間取りは、一緒に熟考を重ねたので満足していますし、家の中に「好きな空間」が随所にあるのがとてもうれしいです。

「キッチンを家の中心に持ってきたい」という要望を取り入れたこのお宅。
奥様がキッチンに立って家事をされている、子供たちは一体となったカウンターで宿題をしている、 いつも目の届くところで子供たちが遊んでいる。 家族の繋がりを大切にしたN様の家づくり、今回お伺いした際にそんな光景を見て、「良かった」と心からそう思いました。

妥協したくないという考えは、予算オーバーにも繋がりました。
そのバランスというのはやっぱり難しかったです。叶えたい優先順位をきっちり考えておくことは大切だと思います。

それと、「こだわり」や「思い」はどんどんぶつける。
何らかの形で必ずその思いに応えてくれると思います。

施工例はこちら