HOME > 注文住宅 > ゼロエネ生活



自然の風を暮らしに取り入れる
風を「つかまえる」「逃がす」建物プランを考えご提案させていただきます。

季節による太陽高度、日射量を考え「ひさし」「ルーバー」などの対策を行います。

暖かい家を作るには、室内の熱が逃げにくい高断熱化を考えます。 高性能な断熱材・ガラスを使用し、エネルギーロスを減らします。

吹付けウレタンは熱伝導率が低く、経年変化も少ないため、長期間に渡って優れた断熱効果を維持します。

LIXIL シンフォニー、YKKAP APW330 など。

高断熱複層(LOW-E)ガラスを推奨しています。 窓からの熱の損失は、全体の58%にもおよび、一番大きい箇所なのです。

エネルギー効率の良い設備機器の採択により、更なる省エネを目指します。
基本的にはオール電化をBOSCO標準仕様としてご提案しています。

  • エコキュート
  • 空気の熱を利用し、少ない電力でたくさんのお湯を沸かします。
  • IHクッキングヒーター
  • 燃焼を伴わないため、室内の空気を汚さず、防火対策にもなります。
  • LED照明
  • 必要電力が少なく、高寿命であるため、電気代が安くなります。
  • 蓄熱暖房機
  • 熱を蓄えるレンガがあり、電気代が割安な深夜にレンガを温め、日中に放出します。
  • ヒートポンプエアコン
  • 1kWの熱から6kWもの熱量が得られる高効率のエアコンです。

※発電量は、平均日射データとしてNEDO/(財)日本気象協会の値を用いて算出しました。

例:4人家族(大人2人・子供2人)・夫婦共働きの場合

  • ※1.発電量のうち、どのくらい売電できるかを数値化したもの
    昼間不在が多い:74.8%、昼間はほぼ在宅:38.5%、中間型:56.2%
  • ※2.発電量のうち、どのくらい生活電力としてつかわれているかを数値化したもの