HOME > 注文住宅 > 地熱住宅

地熱住宅

「地熱」と聞くとマグマの熱を思い浮かべる方が多いと思いますが、
地熱住宅の「地熱」とはマグマの熱ではありません。では、いったい何の熱なのでしょう?
地熱住宅の「地熱」とは地表から5メートル程下に眠る熱=太陽エネルギーが地中に蓄えられているもののことです。 皆さんも感じたことはありませんか?
井戸水は冬は暖かく、夏は冷たいですよね。
これは「土の蓄熱量が大きい」為に地中深くに熱が届くのが遅れ、夏と冬が逆転するからです。
この夏にひんやり、冬にポカポカの地熱を使った快適な家が「地熱住宅」なのです。

外断熱工法について

完全外断熱の家、それが「地熱住宅」

地熱住宅は完全外断熱の家です。
完全外断熱とは、基礎から家の構造をすっぽりと断熱材で隙間なく覆ってしまうことです。 これは、外気の影響を受けることなく地熱を活用する為です。基礎も外側から断熱します。

窓などの開口部を高気密・高断熱に

家にたくさんある窓は断熱性に弱く「体感温度」に非常に大きな影響を与えます。
その為、外断熱+高気密で地中温度を冷やさないようにしても
開口部が高気密・高断熱でなくては意味がないのです。

床下システム

空気を循環させ、家全体を夏は冷やし、冬は暖める工夫が床下システムです。


  • 住宅上部のエアコン1台を、床下を含む家中の除湿器としてドライ運転(27℃前後)します。冬とは逆で、床下システムが1階床面付近にたまる除湿された空気を床下に引き込み、冬から持ち越された地中冷熱でより一層冷やされた床下からの空気を、2階ホール天井から室内へ放出します。

  • どんなに高断熱・高気密住宅でも2階天井付近には「暖かい空気」が溜まっています。この暖かい空気を、床下システムで家中の冷気が溜まりやすい床下へ放出します。夏から持ち越した地中熱を除々に冷え込むことを防ぎます。床下に送られた暖かい空気が通気幅木や内壁の通気空洞を通り、家中を暖めます。